DHAやEPAが心筋梗塞予防に効果的な理由と多く含まれている食品について

青魚に多く含まれているDHAやEPAは心筋梗塞や脳梗塞などの予防に効果が期待できると言われています。DHAやEPAは定期的に摂取することが必要なのですが、1日の摂取量の目安である1000mgを摂取できている割合は少ないです。

そこで、DHAやEPAが多く含まれている食品や心筋梗塞の予防にどういった働きをしてくれるのかについて徹底解説をします。

DHAやEPAが多く含まれているのは青魚ですが、その中でもはまちやマグロ、サバなどに多く含まれています。はまちをカルパッチョやマリネにしたり、醤油やみりんと一緒に漬け込むと美味しく食べることができます。

マグロはネギトロ丼にしたり、団子にして汁に入れたりすると美味しく食べられて、汁にすることで溶け出したEPAもしっかり摂取することができます。マグロを焼いてステーキにするのもおススメです。サバは焼き鯖がありますが漬け丼にするといった調理法もおススメな食べ方です。

サバ、イワシ、マグロといった青魚は缶詰が数多く出ているのでこれを利用すると手軽に青魚を取り入れることができます。いつもの食卓に1品加えるだけでDHAを取り入れられるのでとても便利です。こうしたヒト手間加えて食べ方のバリエーションを増やすことで、より食べやすくなり、摂取しやすくしてくれます。

心筋梗塞の予防につながる理由は、生活習慣病を予防する働きによるものです。DHAやEPAは血液中の中性脂肪値やコレステロール値を低下させる働きがあります。

そうすることで血液の流れをスムーズにして血流を良くすることで、動脈硬化のリスクを下げ、その結果として心筋梗塞の予防につながると言えます。

また、EPAには心筋梗塞の原因の1つと言われている血管の異常収縮を抑制する効果が期待できると言われており、こうした効果も心筋梗塞の予防につなげます。

よって、EPAやDHAは血流の働きを正常化して、血管異常が原因とされる心筋梗塞を引き起こすリスクを減らしてくれることが分かります。また、EPAやDHAが多く含まれているサバやマグロ、はまちを調理法を工夫しながら意識的に摂取することでEPAやDHAを効果的に摂り入れられます。

毎回このように食事に配慮できない時もあります。その時はサプリメントに頼りましょう。http://内蔵脂肪サプリ比較.xyz/を頼りにサプリメントも取り入れてみましょう。